仏画 掛け軸 森山観月 桐箱 snk-h29e1-j044s5 掛軸 【2021年度新作】 十三佛 こどもの日 尺五 洛彩緞子佛表装 三美会





商品サイズ
サイズ:尺五 幅54.5×高さ190(cm)

(社)日本人形協会認定 優良店

洛彩緞子佛表装 尺五 森山観月 三美会 桐箱

商品番号:h25-snk-e1-j044s5

商品内容
【掛軸業界大手の三幸】【2021年度新作】

遥か彼方の西方浄土の地よりあらわれになった十三の仏様を、精緻な筆致と豪華端麗な彩色で描き上げた、仏事必携の代表的作品です。

サイズ:尺五 幅54.5×高さ190(cm)

本紙:新絹本
軸先:陶器
桐箱畳紙収納
表装品質10年間保証付き

手作業による仕上げのため、表装の色や柄などの仕様が変更になる場合がございます。また、画面によって作品の色味が多少異なって見えることがございます。あらかじめご了承ください。

(納期目安について)
ご注文を受けてから製作する商品となりますため、お届けまでに10日から2週間程度お時間をいただいております。あらかじめご了承ください。

備考
1.お支払方法は、クレジットカード・銀行振込・ 代金引換(30万円まで)よりお選びいただけます。
2.ギフト包装、のし紙、対応できます。注文画面で、お選び下さい。お名前などは備考欄にお書き下さい。
3.30000円以上の商品は送料無料です。(一部除外品あり)
4.手造り品ですので商品性質上又、さらなる向上 のため仕様変更がある場合がございます。

衣装の模様や柄は、同一のお着物を用いておりますが、商品ごとに若干異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。
5.商品画像はなるべく忠実に撮影しておりますが、モニターなどによって、異なる場合や、また、天然素材を使いますので、木目や風合いは、異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
商品は豊富に用意しておりますが、時節により、万一完売の際はご容赦下さいませ。

本支店店頭での販売もしておりますので、同時期に完売の可能性もございます。

【人形屋ホンポとは】
人形屋ホンポは国内を代表する東京浅草橋の人形の久月と経済産業大臣指定伝統的工芸品を創り上げる伝統工芸士の甲冑師など(中村宗光、鈴木利光、早乙女義隆、早乙女幸隆、加藤峻厳、朝比奈徹山、上原玉鳳)京人形(粟田口清信、平安武久、平安一水)、名頭師 熊倉聖祥を始め杉田明十志、津田逢生)、顔がいのちの吉徳大光と甲冑師(大越忠保広、鈴甲子雄山、平安道斉、別所実正、平安光義)、フジキ工芸産業(甲冑師 光雲、辰広、雅峰、高輝)をはじめとし、また木目込人形で国内を代表する金林真多呂、木村一秀、大里彩、柿沼東光、幸一光、原孝州)とともに、国内を代表する甲冑師 加藤一冑、または、平安豊久、平安盛光、宝童らの内飾りとともに、 5月5日のお子様の端午の節句まつりに心をこめて、正規取引店として一般社団法人日本人形協会のもと、初節句のお祝いのお手伝いをさせていただいております。
【鎧飾り】【兜飾り】【子供大将・金太郎飾り】や【武者人形】などに加えお返しにも最適なつるし飾り、名前旗などでさらに楽しい5/5の端午のお祝いにしませんか。
【2021年度新作】
掛軸 掛け軸
仏画 十三佛 洛彩緞子佛表装 尺五 森山観月 三美会 桐箱
snk-h29e1-j044s5

商品概要
洛彩緞子佛表装 尺五 森山観月 三美会 桐箱【掛軸業界大手の三幸】【2021年度新作】

遥か彼方の西方浄土の地よりあらわれになった十三の仏様を、精緻な筆致と豪華端麗な彩色で描き上げた、仏事必携の代表的作品です。

サイズ:尺五 幅54.5×高さ190(cm)

本紙:新絹本
軸先:陶器
桐箱畳紙収納
表装品質10年間保証付き

手作業による仕上げのため、表装の色や柄などの仕様が変更になる場合がございます。また、画面によって作品の色味が多少異なって見えることがございます。あらかじめご了承ください。

(納期目安について)
ご注文を受けてから製作する商品となりますため、お届けまでに10日から2週間程度お時間をいただいております。あらかじめご了承ください。


洛彩緞子佛表装 尺五 森山観月 三美会 桐箱

洛彩緞子佛表装 尺五 森山観月 三美会 桐箱

洛彩緞子佛表装 尺五 森山観月 三美会 桐箱

洛彩緞子佛表装 尺五 森山観月 三美会 桐箱




掛け軸 仏画 森山観月 三美会 洛彩緞子佛表装 尺五 こどもの日 十三佛 【2021年度新作】 掛軸 snk-h29e1-j044s5 桐箱 掛軸 新作

巨大化しすぎたビッグ・テックと「セクション230」の行方

ascannio / shutterstock.com

◆snsと「セクション230」
 ビッグ・テックの巨大化と独占状態の問題のほかに、テック企業のありかたが問われている議題が、1996年に制定された米国の通信品位法(communications decency act)第230条(通称:セクション230、1996年電気通信法の第509条)に関連するものだ。セクション230のサブタイトルは、「民間(企業)による不快な情報の遮断と審査に関する保護(protection for private blocking and screening of offensive material)」となっている。セクション230は、インターネットが普及し始めた90年代、

、ポルノグラフィーなど、とくに子供にとって不適切なコンテンツの自主規制を促す目的で提案された法案。セクション230のもっとも重要な内容は、インターネット上のプラットフォームサービスの提供者は、出版者もしくは表現者として扱われることなく、さらに不適切なコンテンツを取り下げるなどの措置をとった場合に、サービス提供者は民事責任を問われないという部分だ。この責任免除の「盾」によって、インターネット上のプラットフォームビジネスが次々と生まれ、大きく成長した。(vox

 しかし、本来、期待されていたインターネット企業の「良心」に基づいた自主規制は効果的に行われることなく、あらゆるコンテンツが溢れるという状況が生まれた。たとえば個人情報を悪用した悪質な嫌がらせのコンテンツが掲載され、人権が侵害されるようなケースでも、裁判ではセクション230に基づきプラットフォーム側は責任を免れた。フェイスブックは、フェイクニュースを拡散させ、ツイッターは、トランプ大統領のデマや虚偽発言を長らく見過ごしてきた。

 今年1月に米連邦議会議事堂襲撃事件が起こり、民主党はセクション230の見直しを進めようとしている。事件の計画には、snsが重要な役割を担ったとされており、snsは対応とコンテンツ・モデレーション(投稿監視)への投資を余儀なくされた。ツイッターをはじめとする多くのプラットフォームが、トランプ大統領のアカウントを凍結した。フェイスブックは、コンテンツ・モデレーションに関する意思決定を行う第三者機関「オーバーサイト・ボード(oversight board)」を立ち上げた。オーバーサイト・ボードは、表現の自由に関わる重要な意思決定、つまりどの投稿を許可・不許可とするかという決定を行う、最高裁判所のような存在だ。

 コンテンツ・モデレーションの強化については、とくに共和党側は保守的な発言に対するセンサーシップだとして反対を示している。表現の自由は、党派問わずにアメリカ人にとってもっとも重要な憲法規定の一つであり、セクション230の見直しやコンテンツ・モデレーションへの対応は、政府にとっても企業にとっても難しい取り組みとなる。トランプ大統領は任期中、ツイッターが自身のツイートに警告フラグをつけたことに憤慨し、「オンライン・センサーシップ防止」としたセクション230を無効化するような行政命令(executive order)に署名した。しかし、この行政命令の法的影響力はなく、本質的な議論から目を背けるものでしかないと評された。バイデン大統領は 、先日この行政命令を取り消した。バイデン大統領の具体策は明らかにされていないが、今後、政権は改めてセクション230の見直しという課題に取り組むようだ。

 長年テック業界の動向を追ってきたジャーナリストのカラ・スウィッシャー(kara swisher)は、ビッグテックの巨大化にともなう権力・影響力の拡大や、ビッグテック企業のceoという一個人が、多くの人々に影響を与える重要な意思決定を行っているという状況に懸念を示している。こうした企業は、政府に対するロビー活動にも多くの資金を投入してきた。また、スウィッシャーは、ビック・テック企業にありがちな、主に白人男性が中心となった同質的で偏った組織は、その意思決定が社会の実状にそぐわない不適切なものになりがちだという点を指摘。「多くの白人男性は、自分が身の危険を感じることなく生きてきた結果、危険な目にあうということがどういうことか理解できない」と彼女はいう。結果として、白人男性中心の組織が展開するインターネット・プラットフォームは、安心・安全に対する配慮と、そうした配慮に基づくデザインが欠けてしまった。女性やピープル・オブ・カラーを含めた多様な組織が形成されれば、より「適切な」意思決定が行われるはずだというのが彼女の意見だ。

 テック・カンパニーはますます巨大化しており、現状ではそのサービスの利用を避けるのは難しい。規制や法整備には時間がかかるなか、企業の経営者意識改革と組織変革が求められる。同時に、ユーザー個人のリテラシーの向上と倫理判断もますます重要になりそうだ。

【関連記事】
変化の時代 「リーダー退任」の未来への役割 米国からの学び
ベゾス氏にも物申す 声を上げ始めた「ビッグテック」の社員たち
フェイスブックが直面する「説明責任の時代」 強大な影響力、規制は必要か

text by maki nakata